Blue Mondayだより3

主に音楽

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

悪い音楽

最近は音の悪いメタルとイタリアンプログレばかり聴いていると何度か書きましたが,こういうのを聴いています。


BATHORY(直輸入盤・帯・ライナー付き)BATHORY(直輸入盤・帯・ライナー付き)
(2009/02/14)
BATHORY

商品詳細を見る


いきなりジャケットが怖いんですが,中身も怖いです。ブラックメタルの走り的作品。
データ的に面白いのが,このアルバム,なんと84年の作品なんですね。そしてスウェーデン。今ではスカンジナビア半島というと,メタルの新しい波の震源地として評価も固定化されていますが,84年ですからね。早すぎです。

今のメタルを色々勉強していくと,ハードコアというかグラインドコアからの影響というのはかなり大きいのですが,84年ですからね。ナパーム・デスがその過激なスタイルを完成させるよりも早い。

84年というと,LAメタルが商業的にもピークの時代。スラッシュメタルもまだ地下に潜伏していた頃です。その更に辺境の地下にこんな恐ろしいものが眠っていようとは。

ロックも80年代の初頭には,様々な音楽的,思想的表現を手に入れもう何もかも食い尽くしたと思っていました。でも,ちょっとだけ残っていたのが「悪」という概念の音像化。もちろん,オカルト崇拝なんてブラック・サバスやクリムゾンですらやってたことで目新しいものではないのですが,本気度が全く違う。例えば,デッド・ケネディーズがやってたのは露悪的な諧謔だったし,ノイズ系のSPKなんかがやってたのは,ポストモダン文脈にのっかるようなアートだったと思う。しかし,このバソリーなどを始祖とする一部のメタルの連中は,本気だ。スカンジナビア半島全域に広がり,教会に火をつけ殺人を犯す。アナーキストや左右の過激派ですら理想主義に身を置いているから理解の範疇にあるが,こいつらは全くわからん。

私は基本的に自分のことを左向きのリベラルだと思っているので,北欧の福祉国家的な政策には共感する点が非常に多い。しかし,その行く末って,こういうものも生み出すのでしょうか?
興味は尽きません。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/06(金) 08:16:06|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドラクエのレビューが | ホーム | ゲームセンターCX 有野の挑戦状2(のおまけDVD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://borntobebone.blog39.fc2.com/tb.php/138-426ed413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

borntobebone

Author:borntobebone
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。