Blue Mondayだより3

主に音楽

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ええ~,ウルルン終りっすか?!


ウルルン滞在記改めウルルン2008公式サイト

世界ウルルン滞在記 - Wikipedia

ウルルン2008 - Wikipedia

> 遂に9月14日放送分の2時間スペシャルで、1995年4月から続いたウルルンシリーズは、13年6ヶ月の歴史に幕を下ろす事となった。

ええー,数少ない非オシャレ含有世界紀行番組だったのに・・・。これはもうアフリカとか行ってオッパイ丸出しの人とか観られないってこととイコールじゃあないですか!

amazonにないけど,

世界ウルルン滞在記 永久保存版

水野美紀が,事前打合せとは全く違うイスラエルに連れて行かれて護身術を学んだ話とか収録希望ですw
スポンサーサイト
  1. 2008/08/28(木) 08:24:22|
  2. サブカル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安いなあ

TOSHIBA gigabeat 4GBフラッシュメモリ内蔵ポータブルメディアプレーヤー 無線LAN機能搭載 MET401ver.2.0 ブラックTOSHIBA gigabeat 4GBフラッシュメモリ内蔵ポータブルメディアプレーヤー 無線LAN機能搭載 MET401ver.2.0 ブラック
(2008/02/15)
不明

商品詳細を見る


8,000円ってあんた安過ぎるだろ。

いや,値段だけ見ると,既に2,000円を切るMP3プレーヤーもあるんだけど,これは動画再生と無線LANが付いてて,Gyaoが見られるという優れもの。ま,Gyao見ないですけど。


しかしこのスノーボードのはめ込み画像,「動画が見れますぜ」アピールなんでしょうな。まあわかりますけど,こういう小さな携帯機でスポーツ見る人って何%くらいなんだろう。
  1. 2008/08/26(火) 08:16:42|
  2. エレクトロニクス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャップ・ロック・サンプラー -戦後、日本人がどのようにして独自の音楽を模索してきたか

JAPROCKSAMPLER ジャップ・ロック・サンプラー -戦後、日本人がどのようにして独自の音楽を模索してきたか-JAPROCKSAMPLER ジャップ・ロック・サンプラー -戦後、日本人がどのようにして独自の音楽を模索してきたか-
(2008/07/23)
ジュリアン・コープ

商品詳細を見る


むむむむむ~。とんでもない本が出ました。
ジュリアン・コープという,日本でもそこそこ人気のある(あった~過去形だな)イギリス人ミュージシャンが著した日本のロック研究の書籍です。

そもそもロックやジャズというものは,西欧近代的な視座を抜きにして語ることはできない。なぜなら,

・黒人奴隷の子孫がアフリカの伝統から隔絶されたのちに,白人の文化と混ざり合って飛躍したものがジャズやロックである点
・レコードの発明とその拡散及び流通は資本主義そのものである点

これらを押さえた上で,アメリカ中心の文化,言い方を変えれば,グローバルな言語としての英語文化の拡散の成果として,映画と共に音楽は20世紀に大きく変化したことを知っておく必要がある。チャーリー・パーカーやエルヴィス・プレスリー,ビートルズといった,ある時点でのステレオタイプとなった偉大なミュージシャンの作品群は,世界各地にばら撒かれ,フォークロアの生息を脅かした。
考えて欲しい。何故日本人がロックやジャズを聴く必要があるのだ?


著者は,まず

Krautrock Sampler

を著し,英米のロックに影響を受けながらも,そこから原始と宇宙のかなたまで飛躍するかのような西ドイツの音楽シーンの研究をおこなった。

そして次がこの「ジャップ・ロック・サンプラー」というわけだ。当然のことながら著者の視点は変わらずに,ロックという枠組みの中での脱米(英語圏)文化に重きを置く。

ここで取りあげられるアーティストは,脱ロックンロールとしてのサイケ~ハードロックに独特の解釈を加えたフラワー・トラヴェリン・バンドやスピード,グルー・アンド・シンキ,現代音楽からの流れを脱西欧化したタージ・マハル旅行団やマジカル・パワー・マコ,また英米のバンドと比較しても突出した音楽性を持つ裸のラリーズやJ.A.シーザーといったところ。はっぴいえんどがいない点に注目だ。

現代音楽やジャズ,そしてGSからいかにして所謂ニュー・ロックと呼ばれるこれらのバンド群が誕生したかを念入りに検証した書籍は,おそらく初であろう。イギリス人のコープが,言語の壁を越えてここまで調べ上げた労力には賞賛を送りたい。邦訳版には,事実誤認(多いです)についての注釈も豊富に載っており,より完璧なものに近づいている。(原語版の事実誤認が修正されれば)長くリファレンスとして利用されるべき日本のロックに関する最重要文献であることは間違いない,ロックファンなら必携の書だ。


ちなみに筆者の選ぶベスト50が巻末に載っているのですが,2割くらいしか聴いてません。しばらくは,この書籍を参考書にして,日本のロックを楽しむことにします。

CATCH WAVECATCH WAVE
(2002/01/25)
小杉武久

商品詳細を見る


↑とか重要盤なんで,売っているうちに買っておこう。
(聴いて後悔しても責任は取りませんが。)
  1. 2008/08/25(月) 08:31:18|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金田一少年の事件簿(松潤版)

今まで違和感があって敬遠してた松本潤版の金田一少年を観る。

金田一少年の事件簿 魔術列車殺人事件金田一少年の事件簿 魔術列車殺人事件
(2001/09/21)
松本潤鈴木杏

商品詳細を見る


あれだな,違和感の正体は,はじめちゃんもだけどみゆきの方だな。鈴木杏は,まあかわいいし子供っぽさも残しつつのいいキャラクターだとは思うものの,芝居が下手すぎるのと台詞がクサ過ぎる(これは半分脚本家の問題だけど)のが良くないんだな。
一方,松潤はどうかというと,はじめちゃんのキャラ作りが原作とは全く違うとはいえ,なかなか面白い。こいつジャニーズのくせにしゃべりかたや表情や歩き方まで30年前のパンクロッカー風でいちいち笑える。おまけにモーターヘッドのTシャツ着てたりするんだもんな。ホント笑っちゃう。

個人的には,ジャニーズ事務所ってのは基本的に好きではないけども,最近の一部のジャニタレはすごいと思わざるを得ない。なんたって,歌って踊れて芝居もできてバラエティーで面白いことしゃべって・・・って普通出来ないでしょ。そりゃ,ギターしか弾けないよっちゃんみたいなタイプは脱落するわな。

そういえば昔,たのきんトリオではよっちゃんが,シブがき隊ではふっくんがロック好きだったということで,3人組の地味なヤツはロックが好き説というものがあった。今はどうだろう?3人組がいない(知らないだけかも)ので比較できないけど,やっぱりロック好きはいるんだろうか。松潤がロック好きかどうかは知らないけど,そうだとしたら,こいつは人気がある上にロック好きなんだから満点ですね。



BallyhooBallyhoo
(1997/06/09)
Echo & the Bunnymen

商品詳細を見る


↑のイアン・マッカロクがちょっと松潤に似てる説あり。ちなみにこれはベスト版。
  1. 2008/08/21(木) 08:12:13|
  2. 映画・ドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

LEXICON DEVIL L.Aパンクの歴史 ジャームスの栄光と伝説

Lexicon Devil: The Fast Times and Short Life of Darby Crash and the GermsLexicon Devil: The Fast Times and Short Life of Darby Crash and the Germs
(2002/04/15)
Brendan MullenDon Bolles

商品詳細を見る


今更読了。もちろん翻訳版(絶版?ですよね・・・)。
最近買うだけ買って積んでいた音楽関係の書籍をぼつぼつ読んでます。

何を今更という感じではあるが,やっぱ破滅型ロック・ミュージシャンの伝記は面白い。これはGERMSというロス・アンジェルスの初期パンクシーンで活躍し,1980年に自殺したダービー・クラッシュという人に関して,関係者の証言をまとめた本。伝記とは言い辛いか?

カリスマ性だけはあったのだろう。故にパンクヒーローになれたし,不幸な結末にもなった。彼の属性をまとめよう。

・ファシズムに傾倒した詩人(ただし,人種差別はNO)
・家庭環境に恵まれず
・甘えん坊でかつ女性が世話をしたくなるタイプ
・ヤク中
・カミングアウトできなかったゲイ

まあ,なんでこういうまとめ方をしているかというと,単に音楽に対する理解のためだったりします。GERMSの残された音源を聴くにあたって,パンクという,ある意味獰猛な単語だけで語っても本質は見えてこないと思うから。

(MIA): The Complete Anthology(MIA): The Complete Anthology
(2000/10/17)
The Germs

商品詳細を見る


↑全曲集。
1stシングルでのダメ人間っぷりも素晴らしいですが,唯一のアルバム『GI』におけるどこか弱々しいニュアンスに触れると,やはりハードコアになる前のUSパンクだな,と思うわけです。



Los AngelesLos Angeles
(2001/10/02)
X

商品詳細を見る


↑同時代で,ダービーが唯一尊敬していたバンドXの1st。X JAPANの改名のきっかけw
かなりポップな仕上がり。というかそういう志向のバンド。ブロンディみたいな感じを想像してもよいかも。ドアーズの「ソウル・キッチン」のやけにポップなカバーも収録。
  1. 2008/08/18(月) 09:05:38|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

丸尾末広版「パノラマ島綺譚」

パノラマ島綺譚 (BEAM COMIX)パノラマ島綺譚 (BEAM COMIX)
(2008/02/25)
江戸川 乱歩丸尾 末広

商品詳細を見る


最近CSで「金田一少年の事件簿」のアニメ版をよく観ている。雑誌に連載中も楽しく読ませていただいたものだが,不満が無かったわけではない。乱歩~正史の流れを汲む猟奇殺人を,新本格が主流となった時代に合わせてブラッシュアップした「金田一少年」は実に素晴らしい作品だと思うが,一方でもう少し猟奇性を画力で表現できていれば,と思うこともよくあった。まあ昭和オヤジの戯言かもしれませんが。

じゃあ,誰がいいのよ?ということになると,日野日出志か花輪和一,大御所であれば楳図かずおといった傾向とレベルの人がいい。個人的には,丸尾末広がベストかなあ。

・・・といった人向けの,乱歩の傑作を丸尾末広が漫画化したのがこれ。
ストーリーや心理描写は,ちょっと簡略化されすぎている気がしないでもないが,やはりパノラマ島の表現は素晴らしい。ただのエロランドにしかなっていない「美女シリーズ」のものとは雲泥の差だ。人間の狂気が充満したこの世の天国。ここを見るだけでも価値がある。できればカラーでも見たかったかも。


少女椿少女椿
(2003/10)
丸尾 末広

商品詳細を見る


いい画ですよね。


天国と地獄の美女 江戸川乱歩の「パノラマ島奇談」天国と地獄の美女 江戸川乱歩の「パノラマ島奇談」
(2005/06/08)
天知茂叶和貴子

商品詳細を見る


文句いいましたけど,これは紛れもない傑作です。ジャケットもいい画ですw


HORRORS OF MALFORMED MEN : 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間HORRORS OF MALFORMED MEN : 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間
(2007/08/28)
吉田輝雄由美てる子

商品詳細を見る


これもパノラマ島が原作ですが,「孤島の鬼」との原作合体という荒業のために,パノラマ島は奇形人間の島になりました。これも傑作でかつ,いい画です。
  1. 2008/08/13(水) 08:09:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

NO WAVE―ジェームス・チャンスとポストNYパンク

NO WAVE―ジェームス・チャンスとポストNYパンクNO WAVE―ジェームス・チャンスとポストNYパンク
(2005/07)
不明

商品詳細を見る


ジェイムス・チャンスの,まさかの来日公演に合わせたタイミングで出版された本。

70年代末のNYでは,所謂ニューヨークパンクが起こり,更にNYパンクの拡散と同じタイミングでNO WAVEというムーヴメントが勃発した。実はこの動きに関しては,NYパンク(テレヴィジョンやパティ・スミスやラモーンズね)ほど情報が無く,いまいちどういったものだったのかわかりにくい。しかし,幸運にもNO WAVEに関しては,日本人ミュージシャンのレック,チコヒゲ,イクエ・モリらがどっぷり関係しているので,こういった証言本で,ムーヴメントの一面を知ることができる。

・・・とは書いたものの,あまり資料的な価値はないかも。読み物としてジェイムス・チャンスのケンカが弱い話が面白かったかな。客席に乱入してボコられるパフォーマンスって・・・。

No New YorkNo New York
(2005/11/22)
Various Artists

商品詳細を見る


amazonのレビュワーも書いていますが,NO WAVEの本質はコントーションズではなく,マーズやDNA(あるいはスーサイド)だと思います。しかし,それとは別にコントーションズはカッコいいです。

DNA on DNADNA on DNA
(2004/01/01)
DNA

商品詳細を見る


イクエ・モリが在籍したDNAの全曲集。2003年頃に奇跡の発売だったもの。ヤバいです。

軋轢軋轢
(2005/05/20)
FRICTION

商品詳細を見る


初期のコントーションズに在籍したレックとチコヒゲが日本で結成したバンドの1st。坂本龍一プロデュース。本当は1stシングルをオススメしたいところですが,廃盤!
  1. 2008/08/12(火) 08:19:14|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

33分探偵

今期のドラマは観るものが無い!
いや,深田恭子の「毎度おさわがせします」モドキやら,織田裕二が「型破りな教師を演じるドラマ」やら,観てますけど,う~ん,何かこうグッとこない。しかし・・・

33分探偵

これはなかなか面白い。

ミステリってのは,トリックやらトリックを使う理由やら動機やら,理論的な整合性が求められるものである・・・というのは多分まやかしで,全てのミステリに言えることだが,ミステリの結末というものは,蓋然性のあるあらゆるパターンのうちの最も「エレガントである」という認識を,作者と読者の間で共有できるものが選択されているだけなのだ。本当に必然性のある結末とは,ドラマ性とは遠く離れた場所にある。

この33分探偵は,それを描く。
返り血を浴びて,犯行を自白している人間がいるにも関わらず,遺書がある密室での首吊りであるにも関わらず,探偵はあらゆる可能性を調査せずにはいられない。ありもしない人間関係を仮定し,誰にも不可能だと思われるようなトリックを検証し,そして辿り着く最初からわかっていた真実。そう,この物語は,ただ結末がリアルなミステリだ。

33分探偵 (堂本剛 主演)33分探偵 (堂本剛 主演)
()
不明

商品詳細を見る


これって,何かヒントになるよう作品があったりするんですかね?

  1. 2008/08/11(月) 07:55:27|
  2. 映画・ドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あまりに素晴らしいタモリによる弔辞

 「8月の2日に、あなたの訃報に接しました。6年間の長きにわたる闘病生活の中で、ほんのわずかではありますが、回復に向かっていたのに、本当に残念です。われわれの世代は、赤塚先生の作品に影響された第一世代といっていいでしょう。あなたの今までになかった作品や、その特異なキャラクターは、私達世代に強烈に受け入れられました。

 10代の終わりから、われわれの青春は赤塚不二夫一色でした。何年か過ぎ、私がお笑いの世界を目指して九州から上京して、歌舞伎町の裏の小さなバーでライブみたいなことをやっていたときに、あなたは突然私の眼前に現れました。その時のことは、今でもはっきり覚えています。赤塚不二夫がきた。あれが赤塚不二夫だ。私をみている。この突然の出来事で、重大なことに、私はあがることすらできませんでした。

 終わって私のとこにやってきたあなたは『君は面白い。お笑いの世界に入れ。8月の終わりに僕の番組があるからそれに出ろ。それまでは住む所がないから、私のマンションにいろ』と、こういいました。自分の人生にも、他人の人生にも、影響を及ぼすような大きな決断を、この人はこの場でしたのです。それにも度肝を抜かれました。それから長い付き合いが始まりました。

 しばらくは毎日新宿のひとみ寿司というところで夕方に集まっては、深夜までどんちゃん騒ぎをし、いろんなネタをつくりながら、あなたに教えを受けました。いろんなことを語ってくれました。お笑いのこと、映画のこと、絵画のこと。ほかのこともいろいろとあなたに学びました。あなたが私に言ってくれたことは、未だに私に金言として心の中に残っています。そして、仕事に生かしております。

 赤塚先生は本当に優しい方です。シャイな方です。マージャンをするときも、相手の振り込みで上がると相手が機嫌を悪くするのを恐れて、ツモでしか上がりませんでした。あなたがマージャンで勝ったところをみたことがありません。その裏には強烈な反骨精神もありました。あなたはすべての人を快く受け入れました。そのためにだまされたことも数々あります。金銭的にも大きな打撃を受けたこともあります。しかしあなたから、後悔の言葉や、相手を恨む言葉を聞いたことがありません。

 あなたは私の父のようであり、兄のようであり、そして時折みせるあの底抜けに無邪気な笑顔ははるか年下の弟のようでもありました。あなたは生活すべてがギャグでした。たこちゃん(たこ八郎さん)の葬儀のときに、大きく笑いながらも目からぼろぼろと涙がこぼれ落ち、出棺のときたこちゃんの額をピシャリと叩いては『このやろう逝きやがった』とまた高笑いしながら、大きな涙を流してました。あなたはギャグによって物事を動かしていったのです。

 あなたの考えは、すべての出来事、存在をあるがままに、前向きに肯定し、受け入れることです。それによって人間は重苦しい陰の世界から解放され、軽やかになり、また時間は前後関係を断ち放たれて、その時その場が異様に明るく感じられます。この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。すなわち『これでいいのだ』と。

 いま、2人で過ごしたいろんな出来事が、場面が思い出されています。軽井沢で過ごした何度かの正月、伊豆での正月、そして海外でのあの珍道中。どれもが本当にこんな楽しいことがあっていいのかと思うばかりのすばらしい時間でした。最後になったのが京都五山の送り火です。あのときのあなたの柔和な笑顔は、お互いの労をねぎらっているようで、一生忘れることができません。

 あなたは今この会場のどこか片隅に、ちょっと高いところから、あぐらをかいて、肘をつき、ニコニコと眺めていることでしょう。そして私に『お前もお笑いやってるなら、弔辞で笑わせてみろ』と言っているに違いありません。あなたにとって、死も一つのギャグなのかもしれません。私は人生で初めて読む弔辞があなたへのものとは夢想だにしませんでした。

 私はあなたに生前お世話になりながら、一言もお礼を言ったことがありません。それは肉親以上の関係であるあなたとの間に、お礼を言うときに漂う他人行儀な雰囲気がたまらなかったのです。あなたも同じ考えだということを、他人を通じて知りました。しかし、今お礼を言わさせていただきます。赤塚先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。私もあなたの数多くの作品の一つです。合掌。平成20年8月7日、森田一義」
  1. 2008/08/07(木) 20:16:34|
  2. サブカル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Andre Sider Af Sonic Youth

Andre Sider Af Sonic YouthAndre Sider Af Sonic Youth
(2008/07/29)
Sonic YouthMats Gustafsson

商品詳細を見る


米国インディー界の大物ソニック・ユースがメジャーのレコード会社に移籍してから早18年になる。インディーズ時代の最終作にして歴史的大傑作『Daydream Nation』からは20年だ。『Daydream Nation』を最初に聴いたときの感動は今でも忘れられない。67年のヴェルヴェット・アンダーグラウンド『Velvet Underground & Nico』や77年のテレヴィジョン『Marquee Moon』の正当な後継作品として,当時のアメリカインディーズシーンの象徴として,そしてこれから来るであろう新しいロックの始まりとして,毎日のように聴いたものです。

しかし,残念ながら新しいロックの始まりは,ロックの終りの始まりでもあったかな,と。いや,こんなことを書いたって,ロックなんてそれから10年以上も終り続けているのですがね。

20年たってもソニック・ユースは,音楽の楽しさを追求している。ここでいう楽しさとは,ハッピーになれる素敵な曲wとかいう意味ではなく,音楽で本当に表現できる何かを時代と共有する楽しさとでも言いましょうか。商業主義に陥ることなく自分達のやりたいことをやる。それだけだとは思いますが,それが難しい時代でもあるんです。

で,この作品は,ま,ライヴでの即興演奏を収録したもの。この楽しさを共有しましょう。うるさいですけどね。


Daydream NationDaydream Nation
(1993/11/23)
Sonic Youth

商品詳細を見る


↑『Daydream Nation』。ゲルハルト・リヒターの絵(絵ですよ!)も素晴らしい。



  1. 2008/08/07(木) 08:30:31|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Googleストリートビュー

street.jpg

私の通勤経路なのですが,崖ですね。崖の下の俺。
  1. 2008/08/06(水) 08:11:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江戸川乱歩―誰もが憧れた少年探偵団

江戸川乱歩―誰もが憧れた少年探偵団 (KAWADE夢ムック)江戸川乱歩―誰もが憧れた少年探偵団 (KAWADE夢ムック)
(2003/03)
不明

商品詳細を見る


少年探偵団モノを中心にまとめたムック。
結局ここがスタート地点というミステリ好きは多いはず。

最近になって,初期の少年探偵団モノ(戦前のもの)を何編か読んだが,やはりちょっとキツいものがあった。ま,トリックやら動機やら単純なものが多いですからね。しかし,意表をつく展開,頭脳と頭脳の対決,華麗な変装とエンターテイメントとして盛りだくさんな内容には今でも驚く。そして,このムックですが,その驚きに立ち返って改めて乱歩の少年探偵団モノの偉大さを知るのにもってこいの内容。

作品解説もよかったが,喜国雅彦の乱歩もの漫画コレクションが素晴らしかった。「芋虫」の漫画版って・・・。

ただ,これを読んだ後にふと疑問が。
昔ポプラ社の少年探偵団モノを読んだときに,間違いなくあったと思っていた「黄金仮面」や「黒蜥蜴」が無いではありませんか。そしたらこれ,

江戸川乱歩wikipedia

ええー,ゴーストライターの作品なの?!知らなかった!
しかも「黒蜥蜴」は「黒い魔女」に改題ですとー!!


ちなみにこのシリーズで赤塚不二夫が今度出るそうです。
  1. 2008/08/05(火) 12:52:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

これでいいのだ

赤塚不二夫

私は世代的には赤塚不二夫よりは,山上たつひこや鴨川つばめ,あるいは江口寿史だが,テレビを含めて振り返ると,「バカボン」もやはり印象に残る。というか,何十年もすれば,結局は「バカボン」「おそ松くん」は残るけど,「がきデカ」「マカロニほうれん荘」「すすめ!!パイレーツ」は残らないんだろうなあ。

なんかちっとも赤塚氏の話題じゃなくなってきましたが,手塚や石ノ森と同じく,いまさらどう誉めたって目新しくもなんともないほどの巨匠なわけですからね。

でも,ギャグ漫画家として長期にわたって執筆を続けられたことは,山上らがギャグ漫画家としてだけでなく単純に漫画家として短命だった(と言っていいよね)ことと比較しても偉大だったと言えよう。



dragonball

ギャグ漫画を1本で止め,ストーリー漫画で大成功した人もいました。実写版の映画です。むむ~。
  1. 2008/08/04(月) 08:30:38|
  2. サブカル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

borntobebone

Author:borntobebone
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。